a0008_000598.jpg

HOME > 各種修繕工事と計画 > 06_長期修繕計画策定

長期修繕計画策定

STEP 1

dotclear.gif 建物はさまざまな耐用年数と性質を持った建物材料によって構成されており、建設された年代による工法や仕様の違いもあって、材料の寿命がそれぞれ違う事から、修繕のタイミングや方法などが複雑になっています。
 そこでまずマンションライフをグレードアップし、財産価値を維持するためには、「いつ・どんな方法で・どのような修繕を行う必要があるのか」という修繕時期の目安を考えます。そして修繕には「どれだけの費用を要するのか」を知り、修繕積立金との相関関係を明確にし、コンピュータシステムによる資金計画シミュレーションに基づいて価値ある長期修繕計画書を策定します。

STEP 2

長期修繕計画依頼
依頼目的・動機、調査項目の選定、用途
予備調査シート
・建物概要・建物規模・修繕経歴・関係図書(仕様書・図面等)・修繕積立金・修繕積立金残高・その他の収入
実施計画表
・調査対象項目・調査方法・調査日程・調査範囲・費用見積

STEP 3

dotclear.gif 建物はさまざまな耐用年数と性質を持った建物材料によって構成されており、建設された年代による工法や仕様の違いもあって、材料の寿命がそれぞれ違う事から、修繕のタイミングや方法などが複雑になっています。
 そこでまずマンションライフをグレードアップし、財産価値を維持するためには、「いつ・どんな方法で・どのような修繕を行う必要があるのか」という修繕時期の目安を考えます。そして修繕には「どれだけの費用を要するのか」を知り、修繕積立金との相関関係を明確にし、コンピュータシステムによる資金計画シミュレーションに基づいて価値ある長期修繕計画書を策定します。

milk_btn_prev.png

|1|2|3|4|5|6|7|8|

milk_btn_next.png